こんばんは、妻です

昨日はディズニーの翌日ということで、休暇を取得していました
娘と一生懸命、宿題をしていました

娘とともに頑張る宿題
名付けて宿題バスターズシリーズ(笑)
・工作(8/12 完了!)→ レポートはコチラ 
・絵(現在、奮闘中)
・絵日記(未着手)
・親子で歩いてつくる安全マップ(パパとやる予定)
・読書感想文(任意)(8/21 完了!)
・読書ノート(任意)(着手するも途中)
・ポスター(任意)(未着手・・・ちょっとできないかも)

思い返せば、私が小学生の時代は絵もポスターも提出必須の宿題でした
昨日、宿題が多すぎる!と言いましたが
よく考えると昔よりは減っていましたね

でも、仕事でも締め切りに追われ、家でも(娘の)宿題に追われる・・・
うーん、日常の生活を成り立たせることさえもいっぱいいっぱいの私にはやはり大変です(笑)

- - - - - - - -

今日は昨日完了した読書感想文についてです

<読書感想文に取り組む理由>

任意の宿題ですが、我が家では早い段階で取り掛かりました
それは、なぜかというと
私自身が、読書やその感想を表現することへの魅力や大切さを感じているからです

私がいろいろな書物や広報誌を読んでいるなかで
その文章に筆者の魂が入っているかいないかは、なんとなくわかります

魂が入っている文章からは、学べるエッセンスも多く
さらに味わい深く、感動を引き起こします

また、インタビューをしていても、その人の話から
その人の生き様を自ずと表すような、その人ならではの言葉が必ず出てきます

それだけ、言葉の持つ力ってすごいと思うし
言葉に魂を込めることができる人
さらには、魂のこもった言葉を組み合わせ、その人ならではの
心を揺さぶるような文章を紡ぎだす力のある人をすごいと思うのです
そのようなことは、一朝一夕ではできないと思います
娘は本を読むことが好きで保育園時代に数えてあるもので1,400冊の本を読みました
数えていない本も含めると1,600冊は読んでいるのではないでしょうか
そんな読書好きの彼女にとって「言葉」が心の豊かさの一助になればいいなと思っています

読書感想文に取り組むにあたって必要なプロセス
本を読み、その本について一度ゆっくりふりかえり
自分の心の中で起こった変化や想いに目を向け
自分なりの言葉で一文字一文字つづることは
「言葉」を紡ぎだす力、表現する力の向上につながると思います

私自身、母の影響で毎年、読書感想文に力を注いでいました
私と母の一大イベントと言っても過言ではありませんでした(笑)

正直言うと毎年、夏休みが憂鬱でしたが
頭をかかえて、読んだ本だけでなく、関連するものをいろいろ調べて
原稿用紙という限られた文字の中で、最大限に言葉の持つ力
文章の持つ力を発揮させて、自らの想いを表現していくことに
チャレンジしたおかげで、やり遂げたときの達成感に満たされましたし
毎年のようにコンクール応募の機会をいただき
実際に入賞したときの喜びは今でも忘れられません

そして実際に、「物を書く」という今の仕事に大いに役立っています
取材した事実は正確に伝えますが、単なる報告にならないように・・・
インタビューした相手の言葉の背景までも感じ取れるよう、想像力を働かせて・・・
「言葉」「文章」の持つ力を日々研ぎ澄まし、その可能性を追求する毎日です

- - - - - - - - - -

理由を熱く語ってしまいましたが
小1の読書感想文をどうやって書いたかを記録として残します
やり方については賛否両論あると思いますし、何が正解ということはないと思うので、あくまで我が家の場合ということでご紹介します

<どうやって読書感想文を書いたか>

まず書籍選びですよね

課題図書などもありますが、我が家では
2年前に購入した『えんとつ町のプペル』を選びました
主人が「プペルにしたらいいじゃん」と言う鶴の一声で決定(笑)
初めての読書感想文だったため、一から読むよりも
娘と息子が大好きで、何度も何度も読んでいるこの本の方が書きやすいかなと思いました

娘はこの本の絵が大好きで
5才の頃から何度も何度も読んでいます
自分で読むには最初は確かに少し難しかったし
7才の今も難しいかもしれないけど
それでも読みたいという衝動は彼女を動かしていました
絵を見ること、そして物語を感じることが嬉しくて何度も読んでいます
一見、難しい内容の本でも
子供が読めるかどうかというのは大人が判断するのではなく
それは子供自身で決めることができるんだと思いました


そして、続いては何を書くか

私は帰宅後の平日、隙間時間で娘に本に関する質問をして
彼女が言った言葉をPCで書き留めておきました
大体30分くらいの聞き取りを4日くらい行いました

・本を好きな理由
・好きなシーン
・「すごい」「うれしい」「かなしい」と感じた時の理由
・本を読んで彼女がやってみたいと思うこと など

なぜそう思ったの?と掘り下げて聞いていくと
わずか小学校1年生の娘から、彼女ならではの言葉をたくさん聞くことができました

PCでの書き留めも、すべて平仮名で子供とリアルタイムで見ながら行います
自分が言ったことを「文字」として見ていると
自然と彼女から、さらに「言葉」出てくるんです

DSC00244

そして、自由に答えてもらったものをベースに
何を今回のせるか相談しながら、PC上で規定の原稿用紙と同じ
20文字×20行のフォーマットでつくっていきました

彼女の言葉を、彼女がもう一度見直して
文章として紡いでいくのを、私は少しアドバイス
さらにリアルタイムで私がタイピングしていくことで
彼女も頭の整理をしながら、考えていました

文字数オーバーのため削るという部分では
私も表現のアドバイスや前後の重複箇所を伝えましたが
最終的にはその話を聞き、もう一度考えて出した彼女の表現を大切にしました

そして、原稿用紙2枚分になったものを印刷

1534835562361

それを見ながら、丁寧に原稿用紙に清書しました

1534836751833

原稿用紙に書くという作業は本当に大変だったと思います
娘、本当によく頑張りました!

そんな気の遠くなるような作業を助けてくれたアイテムはコチラ!

DSC00248

ハワイの免税店で購入した大好きなGODIVA パール ダークというチョコレートです

ミルクチョコレート味もあります


これ名前のとおり1粒がパール1粒分くらいの大きさで
ちょこっと食べに最適なんです

DSC00249

1段落終わるごとにパール1粒!とごほうびを設けて頑張っていました
かなり効果がありましたよ!
私のためのごほうびにと買っていたのですが・・・
思わぬところで大量放出となってしまいましたが良しとしましょう(笑)

唯一の在宅での1日休みということで
やりたいことはたくさんありましたが
大きな目標の1つであった読書感想文はめでたく完成しました!

PCの使用は抵抗のある方もいるかもしれないし
プロセスを楽にしていることは否めないのですが
「考える」「言葉を出す」ということに集中してほしかったことと
彼女の集中力と時間の使い方という点を鑑みると
私たちにとっては良い方法だったと思っています

その人ならではの言葉や
その人ならではの魂や温もりを感じさせる文章を書くということは
感情を持った人だからこそできることで
これから先、AIが進んでも、人が書くことに意味があると思います

彼女にも「自分を幸せにする言葉」とたくさん出会って
「自分ならではの表現」を発せられる人に成長してくれたら
とてもうれしいです

- - - - - - - - 

夏休みの宿題、一緒にがんばろう!と思ってくださる方がいらっしゃいましたら
応援クリックよろしくお願いします!

↓こちらをポチっとしてもらえるとうれしいです

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村


にほんブログ村 インテリアブログ 子供あり家庭インテリアへ
にほんブログ村
もちろん書き方などの手段はどんどん変わってくると思います!