おはようございます、妻です

昨日のブログでもお伝えしたように
昨日は初めてのテレワークを実施しました!
DSC06361
実際は資料などが広がっているので撮影できないので写真はイメージです(笑)
ネスプレッソが恋しい・・・
<過去記事>
ネスプレッソ故障しました
ネスプレッソ、自力で修理を試みました

初日を終えて感じたことや気を付けておきたいことを
ざっと記録しておきます!
多分、今日出勤したらどうだった?と上司や同僚から聞かれると思います


通勤時間がない分、時間を有効に使える
これ最大のメリットだと思いますね
天候が悪いときなんて最高なんじゃないでしょうか
通勤がない分、疲労感も圧倒的に少ないです

すべての動作におけるロスが少なく効率的にできる
食事も合間のコーヒータイムもトイレも自宅なら移動距離が短い!

グループ員の方とのやりとりはSkypeでリアルタイムにできる
複数人数での打ち合わせもテレビ電話でスムーズでした

在宅勤務は信用が大事!信用獲得のために報・連・相は小まめに行う
Skypeやメールのやりとりはできる限り迅速に対応しました
また上司への成果物は見える形で提出しておく方がいいかと思い
終業時に途中経過でもメールでお送りしておきました

自宅のダイニングテーブルの方が広々としているため仕事がしやすい
資料を広げたりPC2台で作業したい場合が多いため
とってもやりやすかったです

普段よりはるかに集中してできる
必ず成果物を目に見える形で出さないといけないという
切迫観念があることが良いプレッシャーになり
仕事がはかどりました

また話しかけられる回数、受電の回数が圧倒的に減るため
自分の思考を邪魔されないというメリットがありますが
その分、自席にいるグループ員の電話が鳴っていたかもしれません

なぜか職場にいるときよりも高揚感がありました(笑)
そのためいろいろと思考の整理もスムーズで
いつもより全体の仕事を効率よく考えることができました

集中できるよう家事をいつも以上に終わらせておく必要がある
目に入るところが散らかっているとどうしても気になって
片づけたくなってしまいます
普段より30分前に始業したかったのですが
主人と息子を車で送り届けてからリビングをざっと片づけました
時間が足りなかったためテーブルから見えないキッチンの片づけは
昼休憩に回しました

家族に「仕事で家にいる」ということを強く理解してもらう必要がある
上記とも通じるのですがテレワークを成功させるうえで
最も大事なポイントだと思います

家にいるからと家事全般できると考えられ
いつも以上に任されると負担が大きくなり
働く環境として整わないと思いました
多少は仕方ありませんが
あくまでも通常どおり仕事は待っています
家族にその点を理解してもらい
いつもどおり(あるいはいつもに増して)
家事は一緒にやってもらいたいと強く思いました

また、子どもたちよりも大人の方が仕事中とは言え
目の前にいる私につい普段どおり話しかけてきたり
テレビをつけたりしてしまうものだと感じました

子供たち帰宅後の助っ人として
午後から実母が来てくれていましたが
つい他愛ない話を私に話しかけてきてしまうため
申し訳ないと思いつつも
「成果物を提出しないといけないから、時間中は仕事だけをさせて」
とお願いしました
隣の義実家にも「仕事中のため対応できない」ということを
予めしっかり伝えました

やはり1人でいる方がはかどることを痛感しました

通常の出勤と同様のタイミングで自分の身支度まで整っていてちょうど良い
通常の出勤時間、つまり通勤時間の分を
働く環境として自宅を整える用事(片づけ等)に
あてることができます

帰宅時に家にいるだけで子供が大喜びしてくれる

「5時まではお仕事だからごめんね」と
いろいろ対応してあげられないことも多かったのですが
何もしてあげられなくても
子供たちが帰ったときに私が家にいるだけで大喜びでした
先日のインフルエンザのときも
「家に帰ったときママがいると嬉しいし
 いつも、もっといてほしい」と言われました
子供もママが仕事をしているのは感じ取ってくれて
一緒に宿題をしたりしてくれました
子供が味方でいてくれるのは心強いし
家でも働くことができると自信がつきました

以上が初回で感じたことです
家にいながら仕事をするって
いかに気持ちを仕事モードに切り替えられるかが大事だと思います
それは仕事だけでなくて
普段の生活のメリハリの付け方にも通じることですね

この制度もフル活用して
より効率的な働き方ができるように
いろいろ試していきたいと思います!

- - - - - - - - 

応援クリックよろしくお願いします!
↓こちらをポチっとしてもらえるとうれしいです
にほんブログ村 インテリアブログ 子供あり家庭インテリアへ
にほんブログ村