こんばんは、妻です

新元号「令和」初日
家族で兵庫県の満願寺へ行きました

なぜかと言うと…
DSC02327
こちらの作品展に行ってきました
わが家は西野亮廣さんの
「えんとつ町のプペル」という絵本が好きです
最初に好きになったのは夫でしたが
初めて絵本を買ったときは
まだ1才くらいだった息子が
3才くらいになった頃から
毎晩のように寝る前にプペルを読んでと
本をベッドに持ってくるようになりました
それは5才になった今でも続いています
今回は西野さんの新しい絵本が出版され
モデルとなったお寺で光る絵本展が
開催されるということで
ぜひ見に行きたいねということになり
名古屋から向かいました!

途中、大阪のビッグバンという児童館へ寄り
子供たちを思いっきり遊ばせて
16:30頃に大阪を出発
満願寺に到着したのは17:20頃でした
17:30にゴルフ場の駐車場へ案内され
18:20過ぎから並びました!
最初はちょっと明るかったですが
19:00過ぎから暗くなってきました…
DSC02343
雰囲気が素敵~♪
屋台では軽食が出ていました
DSC02342
わが家は焼きそばをチョイス
DSC02310
美味しかった☆
明るいうちに満願寺展限定カバーの絵本を購入!
DSC02313
読書好きの娘はどんどん読み進めます
DSC02316
「ちょっと難しかったけど感動した!」と娘

ちょうど読み終わったところで
あたりも暗くなってきたので
いよいよ展示を見て回ることにしました
DSC02318
ライトアップされた幻想的な仁王門
DSC02320
屋外で見るプペルの光る絵本は
なおのこと美しい…
DSC02301
好きなシーン
DSC02298
このシーンをいつか大画面で見てみたい

プペルの光る絵本を通り抜けると
幻想的な階段が出現
DSC02321
登った先には幻想的な空間が広がっていました!
DSC02340
チックタック~約束の時計台~
Point Blur_20190505_152449
光る絵本展がスタートです
DSC02330
プペルとはまた違う世界観にうっとり…
DSC02332
荘厳な雰囲気に引き込まれます
DSC02334
本当にキレイだったし
屋外で見る光る絵本はまた特別に感じて
広がる空間そのものが西野さんの
絵本の世界観で満ちていて
思い切り楽しむことができました
DSC02336
このシーン、本当にキレイですね
ライトアップの時間を待って
_20190504_211209
子供たちにやってもらいました
嬉しかったです

20:00頃に満願寺を出て
そこから車で15分くらいのところにある
宝乃湯というところへ行きました!
名古屋に着く頃には深夜なので
子供たちが車の中で寝てもいいように
お風呂に入ってしまおうと検索しました

これが当たり!
有馬温泉とほぼ同一泉質という
源泉かけ長しの天然温泉でした! 
大急ぎで入りましたが
すごく気持ち良かったです

21:00に宝乃湯を出て
車を走らせて23:56に名古屋に到着しました

そんなこんなでGWの
とても楽しく有意義な1日でした

明日でGWも終わりですね~
最終日はいろいろ予定があり
バタバタしそうですが
夫の助けは得られるか…は不明です(笑)

- - - - - - - - 

応援クリックよろしくお願いします!
↓こちらをポチっとしてもらえるとうれしいです
にほんブログ村 インテリアブログ 子供あり家庭インテリアへ
にほんブログ村